Keiko

Hawaiian singer
Keiko

2003年にウクレレに出会い、シンガーソングライターAO AQUAとして活動を始める。その後自身の楽曲とハワイの世界観とに共通点を感じ、本格的にハワイアンソングを歌うようになる。

2014年よりハワイアンシンガー名をKeikoとし、日本語オリジナルの活動であるAO AQUAと、二つの名前で活動を開始。

琴線に触れる深く澄んだ歌声は、本場ハワイアン達からも高い評価を得る。
ハワイ島、オアフ島、マウイ島のフラコンペティションなどで演奏経験を持ち、日本全国でも精力的な活動を展開している。

現在までにAO AQUA名義でオリジナルアルバム3枚、Photo&Music bookハワイアンミニアルバム『Hali’a』を発売。2015年にKeiko名義で初のハワイアンアルバム『Kupulau』を発売し、ハワイのグラミー賞といわれる音楽賞、ナ•ホク•ハノハノ•アワードの最優秀インターナショナル・アルバム部門にノミネートされた。

『Kupulau』で初のハワイ語のオリジナル曲“Pua Sakura”を発表。その後も精力的に神保滋との共作フラソングを書いている。2017年公開となった映画『恋とさよならとハワイ』の挿入歌“E Pili Mau”を作詞作曲歌唱する。

ウクレレ講師としても人気があり、エイ出版社から発売のiPhoneアプリ『はじめてのハワイアンウクレレ』監修&出演。日本老舗のウクレレメーカーKIWAYAk ukuleleアンバサダーをつとめるなど活動は多岐にわたる。

【主な経歴】
●2012年、オアフ島ワイキキのロイヤルハワイアンセンターにて、ローカルバンド“Da Uncles”と共演。
●2012年よりミスハワイのアリアナ・セイユ日本公演におけるミュージシャンに指名され多くのホールコンサートなどをつとめる。
●2012年 ハワイアンミニアルバム『Hali’a』を発売。
●2013年 ビクターより発売のCDNa Mele Aloha Hula』に参加し、ハワイでのレコーディングを経験。
●2013年、コニカミノルタプラネタリウム“満天” 『NIGHT RAINBOW ハワイの星空に癒されて』作品のラストにAO AQUAの“Aloha ‘Oe”が起用される。
●2013年、日比谷野外音楽堂で行われた“HULATONE”のハウスバンドを二日間つとめる。その際、Sandii、BEGINなどと共演。
●2013年、2014年、2016年と宮古島で開催される”カギマナフラ”のゲストとして演奏。
●2014年、メリーモナークフェスティバルのロイヤルパレードで演奏。
●2014年、フィジー〜タヒチ〜ハワイ各島を巡る豪華客船にSandiiと共にエンターテイナーとしてとして乗船。
●2014年、オアフ島で開催したKalakaua Festival Hula Competitionにて演奏。
●2015年、マウイ島で開催したKū mai ka hula competitionにて演奏。演奏したハラウが2位を獲得。
●2015年夏、ディズニー•ピクサー短編アニメーション『南の島のラブソング』プレゼンテーションシンガーを務める。

●2015年、『アロハの心』チャリティコンサート、熊本、大阪、中野公演にてゲストシンガーとしてHo’okenaと共演。中野公演にはMakaha SonsのMoon KauakahiとHo’okenaと共演。
●2015年、2016年と九州嬉野温泉フラフェスティバルにゲスト出演。

●2016年、Keikoアルバム『Kupulau』がハワイのグラミー賞と言われる音楽賞、2016 Nā Hōkū Hanohano Awardsの最優秀インターナショナル・アルバム賞部門にノミネートされる。
●2016年6月、HIS Presentsオムニバスインストアルバム『Hawaiian Wedding Songs 〜for your special day〜』で、神保滋ハワイ語作詞の結婚行進曲を歌う。

●2016年9月 岡山で開催のマウナレイフラコンペティションにおけるバンドコンテストで優勝。ハワイのクムフラ達から高評価をもらう。

●2017年2月 オアフ島で開催された『ウクレレピクニック イン ハワイ』のゲストミュージシャンとして出演。

●2017年4月 映画『恋とさよならとハワイ』挿入歌“E Pili Mau”作詞作曲歌唱。

シンガーソングライターAO AQUAのプロフィールはこちら →AO AQUA