AO AQUA

singer songwriter
AO AQUA (アオ・アクア)

小学生の頃から歌手を夢見て毎日自宅で歌うようになる。
10代よりロック系ヴォーカリストとして活動。
2003年にウクレレと出会い、平和の感覚を呼ぶメッセージを作詞作曲し、オリジナルの世界で歌い始める。シンプルでいて独自の感性から生まれる言葉と、琴線に触れる深い歌声で、聴く人の胸を打つ。東京、神奈川を中心に、全国をまわって活動中。

日本のキャンドルナイト発祥の地”カフェスロウ”にて、ムビラ奏者のコイケ龍一と演出する『暗闇カフェ』には定評がある。

2011年、東日本大震災をきっかけに、写真家むらいさちとのユニット”BlueHour”を結成。”写真と音楽で優しい心の旅をする”をコンセプトに、2011年8月Photo&Music book『BlueHourまほうのじかん』を発表。『遠くの友だちプロジェクト』と称し、売上げの半額を被災地への支援金とする活動をしている。

時を同じく、震災チャリティイベント“Little Songs♪”を立ち上げ、食べること、歌うこと、踊ること、あたりまえのような小さな喜びを、寄り合い分かち合うというイベントを定期的に行っている。福島で農業を行う方や、石巻からゲストを招いて交流もしている。

ハワイアンシンガーとしての活動がより本格的となり、2014年からハワイアンシンガー名をKeikoとし、シンガーソングライター名AO AQUAと分けて活動を始める。

現在(2016年)までにAO AQUA名義でオリジナルアルバムを3枚、Photo & Music Book『BlueHour まほうのじかん』、ハワイアンミニアルバム『Hali’a』を発売。

ウクレレ講師としても人気があり、エイ出版社より発売のiPhoneアプリ『はじめてのハワイアンウクレレ』監修&出演。
日本老舗のウクレレメーカーKIWAYAのk ukuleleアンバサダーをつとめるなど活動は多岐にわたる。


【主な経歴】
●2003年 初めてウクレレで作詞作曲した「あの青い海」をJ-WAVEのヴォーカリスト発掘オーディションに送り、最終審査まで選ばれる。

●2003年 BO GUMBOSのどんとファンが集う「どんとソングスデイ」にて一度目の出場で準グランプリ、2004年、二度目に優勝をもらう。

●2004年 富士どんと院まつり出演。Sandiiと出会う。

●2005年 ファーストアルバム「aqua marine」を発売(売り切れ)

●2005年〜音楽とフラユニット「Hānau」を結成し、ひかり祭り、乙事キャンプなどのフェス出演。フラ、ベリーダンス、アフリカンダスとの融合イベントを企画するなど精力的に活動。

●2008年、2009年、2010年に長野NHK“ひるとくプラザN”にテレビ出演。

●2009年 セカンドアルバム「YuiYui」を発売

●2010年 Sandiiのコーラスメンバーとしてフジロックフェスティバルのオレンジコート、ピラミッドガーデン(3日間)に出演。同年、朝霧ジャムにも出演。Sandiiのバンドメンバーとして、これまでにタヒチ〜ハワイ、奄美大島、九州、日本海、大島、富山etc国内外をツアーメンバーとして同行している。

●2011年 写真家むらいさちとのユニットでフォト&ミュージックブック「BlueHourまほうのじかん」を発売

●2011年より毎年、明治神宮内の芝地で行われるアースデイいのちの森に出演。

●2011年より毎年、日本最大ウクレレフェス•ウクレレピクニックにゲスト出演。

●2013年Inter FM Vance kのMidday Magic出演。

●2015年 「ソウルオブどんと」@リキッドルームに出演。Kyon、Sandii、小嶋さちほらと演奏。

●2016年 ムビラ、カリンバ、太鼓奏者のコイケ龍一と二人のアルバム『とけあう』を発売。

ハワイアンのプロフィールはこちらをご覧ください → Keiko